導入事例

【福岡県那珂川市】GovTechプログラムで友だち登録数「1,500人→22,500人」に急増! 市民権を得た「新型コロナワクチン予約機能」&「システム設定」を現場職員が施策した理由とは?

福岡県那珂川市は2020年6月よりLINE公式アカウントを開設し、2021年5月にGovTechプログラムを導入。即座に新型コロナワクチン予約に活用すると、友だち登録数が当初の1,500人から22,500人へ急増しました。この数字は人口の推定約45%ほどを誇る、驚異的な記録です。また、那珂川市では、職員がご自身でシステム設定を担当し、スムーズなオペレーションなどに人力を尽くしたことも特長のひとつ。では、実際にGovTechプログラムが活用されている、現場のご担当者に詳細を伺ってみましょう

福岡県LINE公式アカウントに電通アドギアの自治体向けサービス「Smart City Gear」の導入が決定。システム開発はプレイネクストラボがサポート。

新たに「FAQ・チャットボット」と「セグメント配信」機能を導入し、新型コロナ関連などの情報提供を開始。~自治体のDXをサポート~

プレイネクストラボ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柏 匠、以下 プレイネクストラボ)は、福岡県(小川 洋知事)が採用した株式会社 電通アドギア(本社:東京都中央区、代表取締役:遠藤 弘暢、以下 電通アドギア)が提供するサービス Smart City Gearの開発を担当しました。福岡県のLINE公式アカウントは、デザインと機能がリニューアルされ、「FAQ・チャットボット」と「セグメント配信」の提供が開始しております。