ドライブスルー抗原検査予約受付の取り組みご紹介(佐賀県唐津市)

「スマート公共ラボ」を導入している佐賀県唐津市にて、LINEによるドライブスルー抗原検査の予約受付の取り組みを開始されましたのでご紹介いたします。

唐津市では、新型コロナウィルス感染症の急速な感染拡大を受けて、市民が車に乗ったまま抗原検査を受けることが出来るドライブスルー抗原検査を開始いたしました。

ドライブスルーによる検査は事前予約制となっており、同市のLINE公式アカウントから「スマート公共ラボ」の予約機能を活用して検査予約の仕組みを提供しています。

唐津市が取り組むドライブスルー抗原検査の仕組み

1.LINEリッチメニューから予約受付フォームへ誘導
2.申し込みフォームへの入力と日時の選択

予約者を識別するための自動車のナンバー、同乗して検査を受ける人数を入力。希望する日時を選択して予約を確定。

3.予約データを管理画面から確認

予約内容は管理画面から、リアルタイムで確認いただけます。CSV形式でエクスポートして印刷し、検査場で確認することも可能です。

唐津市では抗原検査の実施決定から予約の仕組みの導入まで、短期間で設定と実装を行い、住民へのアナウンスと予約の提供をスムーズに実現しました。導入の様子は、注目度の高い取り組みとしてメディアでも取り上げられております。

県内初、コロナ抗原検査所 ドライブスルーも 唐津市(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASP8R72CNP8RTTHB001.html

佐賀県唐津市LINE公式アカウント

プレイネクストラボ株式会社では「スマート公共ラボ」並びに「LINE SMART CITY GovTechプログラム」を活用して、市政に関する様々な自治体の取り組みに貢献して参ります。

スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

自治体や公共機関の方からの仕様や料金に関するお問い合わせ、事業者の方から連携のご相談などお気軽にお問い合わせください。