【メディア掲載】『山形新聞』に、山形市とのLINE公式アカウントを活用したスマート公共ラボの反響が紹介されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年6月4日(土)付けの山形新聞朝刊にて、連携協定を締結した山形県山形市とのLINE公式アカウントを活用した、スマート公共ラボの取り組みが紹介されました。『官民連携DX 効果あり』と題された記事の中で、4月に開始したLINE施設予約機能について紹介されました。

山形県山形市とのLINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。その反響が地元、山形新聞に紹介されました。スマート公共ラボは、自治体業務のDXを実現できるサービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン予約システムによる各種申請・予約などの自治体業務をデジタル化することができます。
画像をクリックすると大きく見られます

スマート公共ラボ

<問い合わせ先>
本ニュースに関するお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

「スマート公共ラボ」のサービス内容に関するご質問・ご相談や、取材や広報について、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。自治体さまや公共機関の方からの他、事業者さまから連携のご相談も承ります。