セグメント配信機能を使った情報配信サービス開始のご紹介(佐賀県唐津市)

「スマート公共ラボ」を導入いただいている佐賀県唐津市にて、10月1日よりセグメント配信機能を活用した住民向けの情報配信サービスが開始されました。

唐津市ではこれまで、Eメールによる「唐津市情報メール」を通じて、災害や健康などの情報提供を行なっておりました。今回、より多くの住民に情報を届けるために、唐津市LINE公式アカウントからも同様の内容を配信することで、情報発信の強化を図っております。

本取り組みにより、唐津市のLINE公式アカウントに友だち登録をするユーザーは、受信したい情報カテゴリを選択するだけでLINEからも簡単に情報を受け取ることができるようになります。

唐津市LINE公式アカウントで配信される内容

セグメント配信登録の流れ

1.リッチメニューに設定された「受信設定」をタップ

2.受信設定フォームで受信したい情報と地域を登録

3.設定した情報が受け取れます

佐賀県唐津市LINE公式アカウント

唐津市では総務省の「地域活性化企業人」を活用し、ソフトバンク株式会社から社員の派遣を受けて庁内業務のデジタル化に取り組んでいます。

プレイネクストラボではソフトバンク株式会社と協力して、引き続き「スマート公共ラボ」並びに「LINE SMART CITY GovTechプログラム」を活用した唐津市のデジタル化に取り組んで参ります。

スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

自治体や公共機関の方からの仕様や料金に関するお問い合わせ、事業者の方から連携のご相談などお気軽にお問い合わせください。