ワクチン接種予約キャンセルにより発生する、余剰ワクチン削減の取り組みご紹介(北海道滝上町)

プレイネクストラボ株式会社の提供する「スマート公共ラボ」を導入し、ワクチン接種予約にご活用いただいている北海道滝上町にて、新たに予約キャンセル等による余剰ワクチンを削減するための取り組みを開始しましたのでお知らせします。


滝上町では通常のLINEによる接種予約に加えて、直前のキャンセルにより予約枠に空きが生じた際に、キャンセル待ちを希望する住民の方に対して即座にLINEでメッセージを送り、その場で当日の予約を受け付けるという仕組みを構築いたしました。


滝上町が取り組むキャンセル枠を有効活用する仕組み


1.キャンセル待ち希望者の事前登録

「セグメント配信」の受信設定機能を使い、あらかじめキャンセル待ち希望者を受付。


2.キャンセル枠発生時にメッセージ一斉配信

「セグメント配信」で登録した希望者に対して、空き枠情報をプッシュで送信。

3.当日予約の申し込みフォームへ誘導

接種へ行ける希望者は、予約フォームから必要な情報を入力してカレンダーで予約。


滝上町では、急なキャンセルによって生じる余剰ワクチンの対策をかねてよりご検討。「当初は希望者リストの作成やリストに対する架電などを想定していましたが、この仕組みにより、そのような作業が一切不要になりました」(滝上町)とコメントをいただいています。


運用を開始してから一週間で、早くも5回ほどキャンセル枠発生のメッセージを発信。毎回、即座に埋まるため、余剰ワクチンの廃棄といった無駄を防ぐために効果を発揮しております。

プレイネクストラボ株式会社では「スマート公共ラボ」並びに「LINE SMART CITY GovTechプログラム」を活用して、ワクチン接種予約のスムーズな実施、並びに貴重なワクチンを無駄にしないための取り組みに貢献して参ります。

スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

自治体や公共機関の方からの仕様や料金に関するお問い合わせ、事業者の方から連携のご相談などお気軽にお問い合わせください。