【現地取材】連携協定を締結した自治体「山形県山形市」訪問レポート&LINEによる情報発信「セグメント配信機能」が山形市の悩みを解決した理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。

プレイネクストラボ株式会社が山形県山形市と連携協定を締結し、その旨を発表する記者会見に参加するため、山形市を訪問しました。東京・羽田空港から約1時間ほどのフライトで到着し、実際に訪れた山形市役所の雰囲気や市内の様子などといったレポートと共に、山形市役所の広報担当者に伺った「セグメント配信機能のメリット」「山形市の魅力」をお届けします。


山形空港から市内へ出発!
自然の美しさに癒やされる


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
山形空港から山形駅へ向かうシャトルバスもある
思わず深呼吸したくなる車窓


山形市役所で
職員の方々の温かい歓迎


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
広大な庁舎が特徴の山形市役所
今回の訪問を心待ちにしていた弊社スタッフ


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
(撮影時のみ周囲に配慮しながらマスクを外しました)
我々を歓迎してくださった山形市役所の方々


和やかな雰囲気で
打ち合わせも充実


我々を迎えてくださったのは、普段から緻密に連絡を取り合っている山形市役所の職員の方々。スマート公共ラボのGovTechプログラムを導入する準備段階から運用後も、さまざまなご協力をいただいていることもあり、旧来の仲間に再会できたような気持ちに。

山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
右奥:弊社のアドバイザーである吉田 雄人氏(元横須賀市長)も参加

記者会見に関する打ち合わせは、談笑も交えながら、和やかな雰囲気で行われました。今回、山形市と連携協定を締結したことで、今後も行政DXが加速されていくことを強く実感。デジタル化を推進していく過程では、体温の感じられる人との繋がりが、ますます大切になっていきます。


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
実際に活用された「山形市LINE公式アカウント」のPRチラシ


「セグメント配信機能」が
自治体の悩みを解決した理由とは?


現場の声を間近で伺える機会というわけで、山形市役所のご担当者に、スマート公共ラボについてインタビューを敢行しました。お話を伺ったのは、総務部 広報課 広報係 主査の古内 一成(ふるうち かずなり)さんです。


—スマート公共ラボを導入してから、LINEを活用した情報発信を実際に活用されて、特に便利だと感じられた点はありますか?

古内さん:セグメント配信機能があることによって、友だち登録者が必要としている情報をお知らせできる点です。


—情報を届けるべき方にピンポイントで配信できる機能は、市民の方々だけでなく職員にとってもメリットが大きいですよね。これまでに抱えていた課題や悩みは解決されましたか?

古内さん:山形市でLINEを運用開始するにあたり、多くの登録者へ情報発信したいというこちらの思いと、その情報を必要としていない方へも通知が行ってしまい、結果ブロックされてしまうという悩みがありました。この機能があることによって、ターゲットを絞った配信ができるようになり、それぞれに合った情報がお届けできるようになりました。


施設予約機能で
「新型コロナ」の感染予防に


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
シェルターインクルーシブプレイス コパル
(山形市南部児童遊戯施設)

山形市は「行かない、書かない、迷わない」を実現する市民サービスDXを推進しており、2022年4月18日にオープンした児童遊戯施設「コパル」にて、LINEによる予約機能を導入。すると、ひと月の予約が5,000件を超えるという成果を得ることができました。入場の待ち時間を回避でき、施設の混雑を防げることで、新型コロナの感染予防にも繋がっています。また、山形市LINE公式アカウントの友だち登録数は約4,000人増加するなど、スマート公共ラボの認知度が市民の間でも高まり続けています。


記者会見を終えて
山形市内の散策に出発!


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
右:山形県山形市 市長 佐藤孝弘氏、左:プレイネクストラボ株式会社代表取締役:柏 匠

多くのメディア関係者の方々にお越しいただいた記者会見は、さまざまな方々のご協力のおかげで、無事に終えることができました。会見の様子は多くのニュースメディアに取り上げていただき、スマート公共ラボが世間から注目されていることを実感。さらなる行政DXの推進を心に誓いながら、山形市内の散策に出発しました。

山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
お腹も気持ちも満たされる横丁

山形市役所から徒歩6分ほどで「山形屋台村 ほっとなる横丁」に到着。山形牛を手頃な価格で楽しめるお店から、明瞭会計で飲み放題を提供しているBARなど、さまざまなタイプの屋台風飲食店が並びます。ランチや仕事終わりの一杯など、山形市民の胃袋を支えている空間です。


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
ランチは市役所近くの「kitchen leaf」にてステーキ定食を堪能!


豊かな環境で
たくさんの笑顔が輝く


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
山形城跡を整備した「霞城公園」の桜

今回は季節がすぎていましたが、春には霞城公園の桜が咲き誇るなど、多くの観光名所がある山形市。日頃の喧騒から離れて、ホッと一息つきながら、おいしい郷土料理を味わえる。そんな魅力たっぷりの山形市について、先ほどご登場いただいた広報課の古内さんに、教えていただきました。

古内さん:山形市は、樹氷と温泉で名高い「蔵王」や、松尾芭蕉ゆかりの「山寺」などの観光地を有する自然豊かなまちです。四方を山で囲まれ、一年中美しい景色を堪能できるスポットがたくさんあります。霞城公園東大手門周辺の桜や、約830メートルにわたり桜のトンネルが続く「馬見ヶ崎さくらライン」が有名です。


山形県山形市へ訪問。山形県山形市とは、LINEを活用した市民サービスのDX推進に係る連携協定を締結。スマート公共ラボは、自治体業務のDX化サービス。広報をセグメント化した情報発信から、AIチャットボットを活用しごみ捨て情報のお問合せや、コロナワクチン、マイナンバー受け取りなど各種電子申請・予約などの自治体業務をデジタル化し、住民サービスの質の向上と業務効率化を実現することができます。
日本一を誇る大迫力な「芋煮会」

古内さん:豊かな土壌が生み出す四季折々の豊富な作物と、たくさんの郷土料理があり、なかでも「芋煮」は、仲間や家族と一緒に河原に集い、芋煮の鍋を囲む文化「芋煮会」として秋の風物詩となっています。

今回訪問した山形市では、すでに多くの市民の方々が、行政DXを日常生活に取り入れています。実際に市内を歩いてみたことで、スマート公共ラボの重要な役割を、強く実感いたしました。今後もプレイネクストラボは山形市と連携しながら、市民の方々が安全安心な暮らしを感じていただけるよう、行政DXをよりいっそう推進してまいります。今回の記事を読み、スマート公共ラボにご興味を抱いた自治体のご担当者の方は、まずは弊社までお気軽にお問い合わせください。「セグメント配信」「チャットボット」などLINEを活用した情報発信を実現できる「スマート公共ラボ」は、住民や職員に優しく寄り添います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

「スマート公共ラボ」のサービス内容に関するご質問・ご相談や、取材や広報について、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。自治体さまや公共機関の方からの他、事業者さまから連携のご相談も承ります。