京都府城陽市が住民向けLINE公式アカウントを開設、プレイネクストラボ株式会社がシステム提供と構築を支援

〜 LINEを通じて、市のさまざまな情報を市民へスピーディーに届ける取り組み 〜

プレイネクストラボ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柏 匠、以下 プレイネクストラボ)の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、京都府城陽市のLINE公式アカウントに採用され、本日より市民へ向けて公開されたことをお知らせします。

京都府城陽市ではLINE公式アカウントを新規に開設し、「防災」や「ごみ」といった市民生活においてニーズの高い情報を、チャットボットを通じて提供するサービスを開始しています。

また市民が安全に暮らすための「損傷報告」を通じたコミュニケーション機能や、「イベント情報」や「子育て」など欲しい情報を選んで受け取れる情報配信など、LINEを通じた市民の暮らしに役立つサービスの拡充に取り組んでいます。

プレイネクストラボ株式会社では、この京都府城陽市のLINE公式アカウントの開始にあたり、システムの提供および公式アカウントの構築についてサポートを行なっています。

■11月12日より城陽市のLINE公式アカウントで提供されるコンテンツは以下の通り
  • 防災などに関する情報
  • ごみの収集日に関する情報
  • 公園・道路などの損傷を報告する損傷報告機能
  • 各種市関連SNS
  • イベントや子育て情報など市政情報の発信

    城陽市 LINE公式アカウント 友だち追加はこちら

    URL:https://lin.ee/IV5CiPA


    プレイネクストラボでは今後も同プログラムの導入支援を積極的に行うことを通じて、全国の自治体や公共機関のデジタル化・DX推進に貢献してまいります。


スマート公共ラボ/GovTechプログラムについてのお問い合わせ

自治体や公共機関の方からの仕様や料金に関するお問い合わせ、事業者の方から連携のご相談などお気軽にお問い合わせください。